費用を抑えて引越しするなら格安になるためのコツを知るべし

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

算出の仕方

軍手と手袋

引越し費用というのは距離や時間、シーズンなどから算出されます。100km以上の遠距離引越しの場合は、距離制で算出したほうがお得です。100km以下の近距離引越しの場合は、時間制で算出したほうが安くなります。

もっと読む

費用を安くする方法

電卓と住宅模型とトラック

引越し料金を安くしたいのであれば、ハイシーズンを避けてオフシーズンに引越し業者を利用するようにしましょう。一括見積もりサービスを利用して業者同士を競わせることによって、料金をさらに安くすることができます。

もっと読む

転居が決まったら

ウーマン

転居することが決まったら、引っ越し業者を手配しなければならなくなります。業者が決まったら荷物を梱包するだけでなく、他にもやらなければならない手続きはたくさんあります。いつまで何をどこでやらなければならないなど、やることをリスト化しスケジュールを立てることです。

もっと読む

費用を安く抑えるには

椅子を持つ人

自力の場合と業者の場合

新しい土地に引越しをするときには、引越し費用というのがかかります。それほど荷物がない場合は、自分で引越し作業をすると格安です。ただし、トラックをレンタルする場合はレンタル代が発生します。そして移動するにあたってはガソリン代がかかります。また、友達に手伝ってもらった場合などは、それなりのお礼をするのが礼儀です。プロの引越し屋さんを活用したほうが、自分でするよりも楽ちんです。引越し作業に手慣れたスタッフが、てきぱきと作業してくれます。また、不用品の整理やハウスクリーニング、家具の配置や取り付けなどのサービスがあります。ただし、自力で引越しをするよりもお金がかかります。とにかく楽に引越ししたい人、荷物が多い人にお勧めです。

時間や時期を選ぶ

格安さにこだわるなら、引越しをする時期を選ぶことをお勧めします。春先よりも真夏のほうが引越し費用が格安になるからです。また、時間指定をするよりも、いつでもOKのフリー便にしたほうが格安になります。時間帯でいえば、午前中は予約が殺到するので午後からのほうがお勧めです。費用を節約するなら、荷造りは自分でしておくのが基本です。業者によっては無料で段ボールを配送してくれます。段ボールのサービスがない場合は、スーパーの食料品売り場でもらうことができます。荷造りのときに不用なものは思い切って処分するのが費用節約のコツです。段ボールの数が少なければ、それだけスタッフの人件費が減り、引越し費用節約に繋がります。