転居が決まったら|費用を抑えて引越しするなら格安になるためのコツを知るべし

費用を抑えて引越しするなら格安になるためのコツを知るべし

家とトラック
このエントリーをはてなブックマークに追加

転居が決まったら

ウーマン

まずは業者を手配する

就職や転勤、進学、結婚、子供の誕生など人生の転機には、引っ越しを伴うことが多いです。転居することになったらやらなければならない手続きがたくさんあります。その手続きのひとつが、引っ越し業者を手配することです。大手業者に依頼するとなると、さまざまなプランがあります。引っ越し作業をどこまで手伝ってもらうかによってどのプランにするか決まります。荷物の搬送のみ任せる、荷物の梱包から運搬までをお願いする、梱包・運搬・荷解き・家具家電の設置までお願いするなどがあります。業者が携わる部分が多くなるとそれだけ料金が割高になりますが、日程があまりなく急な転居となって梱包をする時間がないなら、すべておまかせというプランもあります。

前日までやること

引っ越しの手続きと言ったら、業者を手配して荷物を梱包することを思い浮かべますが、実際には荷物の梱包よりも保有している金融機関の口座の住所変更や子どもがいる場合は、学校へ転校の連絡、役所関係、電気・ガス・水道の停止と利用開始の連絡、お世話になった人への挨拶など、生活にかかわる部分での手続きのほうが多いのです。やることがたくさんありますので面倒だと感じてしまいますが、いつまでにどこで何をしなければならない、などやることをリスト化してスケジュールを立てることです。役所関係は直接出向かなければなりませんが、金融機関に関しては今はネット上で住所変更手続きができるところもありますので、ネットでできるものはネットで行ったほうが効率がよいです。